IPO仮条件「サイバーセキュリティクラウド」BBスタンスと初値予想 | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

IPO仮条件「サイバーセキュリティクラウド」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

サイバーセキュリティクラウドの仮条件について

昨日発表された「サイバーセキュリティクラウド」の仮条件について

その内容は、想定価格「4,010円」に対して、仮条件は「4,240円~4,500円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、妥当な仮条件だと感じました。

その理由は、吸収金額が少ない「プラチナチケット」になりますので、需要がかなり高いと思うからです。

また、業態の人気も高いと思いますので、その点でも需要は高いと思います。

サイバーセキュリティクラウドについて

業態は「AI技術を活用したサイバーセキュリティサービスの開発など」ですので、業態の人気は「高い」と思います。

また、AIなど人気が高いキーワードを含んでいますので、人気は一段高くなると思います。

また、吸収金額が少ないプラチナチケットになりますので、需要はかなり高いと思います。

ただし、会社の業績を見ると「赤字経営」ですので、業績に不安があると思います。

また、SBI証券が主幹事ですので、話題性が高いのも良いと思います。

BBで気になること

BBで気になることは「赤字経営」ですので、業績に不安があることです。

ただし、業態の人気は高く、吸収金額も少ないので、業績の不安を吹き飛ばせる、高い人気があると思います。

そして、SBI証券が主幹事になりますので、IPOチャレンジポイントを使うかで、悩むIPOになると思います。

ただし、今回はかなり人気化すると思いますので、多くのポイントを使わないと、当選は取れないと思います。

それでも、地合いが悪化していることもあり、当初は「600ポイント以上」使わないと、ポイント当選は無理などの意見もありましたが…

もしかしたら「550ポイント前後」で、当選する可能性があると思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスは、全力でBBに参加する予定でいます。

その理由は、当選枚数が少ないプラチナチケットで、需要的に初値高が約束されたIPOだと思うからです。

しかし、公開株数は「700枚」と激少ですので、資金枠で当選するには、宝くじ並みに難しいと思います。

そこでポイントを使って、当選を取りに行きたい気持ちもあるのですが…

現在の相場の状況は不安定ですので、今回は泣く泣くポイントを温存することにしました。

また、現時点での初値予想は、公開価格の「2倍以上」は固いと予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました