BBに申し込むかどうかで悩んでいたクロスフォーについて

スポンサーリンク

クロスフォーのBB申し込みについて

BBの申し込みが始まっている「クロスフォー」についてですが・・・

株価(予想)は「730円」で、IPOといては低位の部類に入るIPOだと思いますので、値幅が取れないという意味で魅力は薄く・・・

さらに、業態も「ジュエリー・アクセサリーの開発・製造・販売」となっていますので、業態としても何ともパっとしません。

また、公開株数も「1,380,000」と、これもまた凄く多いというわけではなく、その逆に凄く少ないというわけでもない。

どれを取っても中途半端!?

また、会社の売上は年々伸びていますが、利益を見ると頭打ち感が強く・・・

そんなこんなで、どれを取っても中途半端というか「これだ!」という決め手がなく、クロスフォーのBBに申し込もうかどうかで、少し迷っているところがあります。

それでも、何か特徴的なものでもあれば、迷わずBBに申し込むのですが・・・

そこで、公開価格が「1000円以下」で上場された、直近5社のIPO内容を調べてみました。

公開価格が1000円以下の直近5社のIPO

・ウェーブロックHD(ホールディングス)
公開価格「750円」、公開株数「6,046,500」、初値「721円

・ソレイジア・ファーマ
公開価格「185円」、公開株数「22,353,100」、初値「234円

・フルテック
公開価格「600円」、公開株数「1,287,000」、初値「1,230円

・力の源ホールディングス
公開価格「600円」、公開株数「1,150,000」、初値「2,230円

・ジャパンエレベーターサービスホールディングス
公開価格「550円」、公開株数「3,335,000」、初値「890円

上記を見ると、残念なことに「ウェーブロックHD」だけ「公募割れ」しています。

最後に

ウェーブロックHDの公募割れの原因は、公開株数の多さや東証上場などが原因だと思いますので、クロスフォーと比較対象にならないと思います。

そして、上記のデータを見る限り、低位のIPOは株価的に安いので買いが入りやすく、全てではありませんが、公募割れする心配は少ないということになると思います。

ということで、クロスフォーについては「BBに参加する」ということで、BBに申し込みをこれからしたいと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました