大和証券主幹事で当選期待のCRGホールディングスの仮条件と各社割当枚数

スポンサーリンク

CRGホールディングスの仮条件について

直近のIPOで当選確率が高く、当選が期待できそうな銘柄といえば・・・

大和証券が主幹事の「CRGホールディングス」になると思います。

そこで、つい先日CRGホールディングスの「仮条件」と「各社割当」が発表されましたので、以下にその内容を書きたいと思います。

まず仮条件については、想定価格「1,020円」に対し「1,020円~1,120円」になりました。

その仮条件を見ると「中立」(平均的)もしくは「やや強気」な仮条件だと思います。

CRGホールディングスの各社割当について

そして、各証券会社の割当(当選)枚数については、以下の通りになります。

・大和証券・・・・・1,721枚

・SBI証券・・・・212枚

・マネックス証券・・68枚

・三菱UFJ証券・・67枚

・東海東京証券・・・41枚

・みずほ証券・・・・7枚

※ エース証券、水戸証券、省略

当選しやすい証券会社は?

今回一番当選しやすい証券会社は、何といっても主幹事の大和証券になると思います。

そして、大和証券の次に当選しやすい証券会社は、SBI証券、マネックス証券、といった感じになると思います。

しかし、SBI証券は資金力で差が付きますので、資金が少ない人はマネックス証券の方が、どちらかといえば当選しやすいと思います。

それでも、大和証券以外の証券会社で当選するには、当選枚数が少ないので、運に頼る至難の業になると思います。

最後に

話しは変わりますが、私が最近当選したIPOといえば、リートの「伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人」になります。

しかし、公募割れでマイナスになってしまいましたので、CRGホールディングスに当選して、そのマイナスを穴埋めできたらと思っています。

とはいっても、主幹事の大和証券の当選枚数は、1,700枚を超える程度で少ないので、普通に落選する可能性が大きいと思います。

ただし、まだ落選すると決まったわけではありませんので、当選を願ってBB抽選の結果を待ちたいと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!