暴落相場を乗り切る塩漬け株を損切りするタイミング | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

暴落相場を乗り切る塩漬け株を損切りするタイミング

スポンサーリンク

新型コロナで市場は急落

日経平均はわずか3ヶ月で大幅に急落しました。

これほど急激に値を下げては、個人投資家はオロオロするばかりだ。

保有株を売る機会を逃し、気がつけば頭がクラクラするほどの含み損。

新型コロナウイルスの感染拡大に終息は見えず、保有株の株価はさらに下落していく……。

いったいどうしたらいいのか。

塩漬け株を手放すタイミング

塩漬け株を手放すタイミングは、底値から2割ほど戻ったところです。

いまの相場では、3割戻すのは極めて難しいと思ってください。

乱高下の続く相場では、底値がどこなのかも理解しにくい。

投資家自身が「今が底」と判断するしかないが、現在は高値から3割ほど下落しています。

とりあえずの底値とみることはできるでしょうという。

株価500円が底だとしたら、売却のタイミングは2割アップの600円。株価300円だったら、360円だ。

塩漬けするのも戦略

ただし、暴落した相場は過去の例をみると、2年半ぐらいで元の水準に戻っています。

保有銘柄によっては、塩漬け(保有継続)も戦略のひとつです。

例えば、5Gや半導体関連、食品、セメントなどインフラ整備に絡む銘柄です。

一方、2年半後も株価低迷にあえぐ企業もある。インバウンド関連は要注意です。

新型コロナの影響で、人の移動に変化が起きる可能性があるからです。

観光やホテルなど、訪日客の増加で売り上げを伸ばしてきた企業は、株価の戻りが遅い危険性があります。

関係者の話しは当てにならない

正直いって、その手のアナリストや市場関係が言うことは、当てにならないと思います。

その証拠に、定期的に発表しているアナリストなどが推奨する銘柄を見ると、大幅に株価が下がる銘柄も多いからです。

それはいわゆる「丁半博打」で、誰にでもできる予想しかしてないのが現状です。

そこで、参考にするのは良いと思いますが、全面的に信じてしまうのは禁物だと思います。

そして上記を読むと、2割戻しが塩漬け株を手放すタイミングと書いてありますが…

それが良いか悪いかは個人の判断になり、どちらにしろ難しい決断になると思います。

損切りするか塩漬けかの二択

また、塩漬けすることも戦略と書いてありますが、さらに株価が下がってしまっては、元も子もないと思います。

また投資目的が、長期か短期かでも変わると思います。

それは、長期なら売らずに持ち続けるのが基本だし、短期なら判断が間違ったと気付いたときには、すぐに売るべきだと思います。

また、素人が下手にいろいろ考えて売り買いしても、損失を重ねるだけという人もいます。

そこで、塩漬け株をどうするか判断に迷ったときには…

すぐにでも損切りするか、長期保有を覚悟して塩漬けするか、基本的にその二択になると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました