IPO新規承認「コプロ・ホールディングス」建設業に特化した人材派遣

スポンサーリンク

IPO新規承認「コプロ・ホールディングス」

このほど「コプロ・ホールディングス」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「建設業界に特化した人材派遣事業を行う事業子会社の管理・運営」になります。

コプロ・ホールディングスは、建設エンジニア専門の人材派遣会社「コプロ・エンジニア―ド」を運営している会社になります。

コプロ・ホールディングスの上場スケジュールなど

主幹事  大和証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  サービス業
想定価格 2,090円
当選枚数 16,100枚
BB期間 3/4~3/8
当選発表 3/11
申込期間 3/12~3/15
上場日  3/19

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

コプロ・ホールディングスの総評①

コプロ・ホールディングスは「サービス業」(建設業界に特化した人材派遣)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

当選枚数は「16,100枚」と多いので、その点での需要は良いはいえないと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありなります。

そして、上場直後に行使できるSOはありませんので、その点での需要は良いと思います。

会社の売上や利益は、売上は年々伸びていますが、利益は上げ下げしていますので、業績について不安があると思います。

コプロ・ホールディングスの総評②

コプロ・ホールディングスの業態は、建設業界に特化した人材派遣になりますので、人気としては「低い」と思います。

ただし、建設業に特化している点は、評価できると思います。

しかし、人材派遣業については、IPOでは多くある案件になりますので、荷もたれ感があると思います。

さらに、東証マザーズ上場としては、吸収金額が比較的大きいので、需要的に厳しい面があると思います。

総評としては、業態や需要を考えると厳しい面があり、BBに参加するかしないかで、悩む案件になると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!