手数料無料を準備中のSBI証券と楽天証券について

スポンサーリンク

楽天証券が手数料無料の流れ

米国では、株の手数料は「無料」になってしまった。

この大きな流れは止められない。我々(楽天証券)も準備をしている。

しかし、売上全体の「4分の1」が手数料になり、これをいきなり無料にすると「赤字」になってしまう。

そこで、代替策を考えながら、準備していくとのことです。

また、SBI証券についても、傘下の証券会社の取引手数料を、今後3年で無料にする構想を打ち出しています。

楽天証券の戦略

SBI証券や楽天証券は、手数料収入に依存する割合が、他の競合証券会社に比べて低い。

また、手数料を無料にしても、他の方法でカバーする方策がある。

例えば、楽天証券には「楽天グループ」というエコシステムがあります。

そこで、ポイントなどさまざまな付加サービスを付け加えることで、手数料の無料化を目指すといいます。

そして、こういった手数料無料の流れは、基本的に良いことだと思います。

IPOで考えると…

しかし、IPOで考えると手数料の無料化は、それほど大きなメリットではないと思います。

その理由は、IPOでは当選した場合の購入手数料が、そもそも無料だからです。

そこで、仮に手数料が無料になったとしても、売るときの手数料だけが、無料ということになります。

そこで、IPOでは手数料が無料になっても、そのメリットは少ないと思います。

とはいえ、それだけでも無料になるのは、ありがたいことだと思います。

そして、現在のこの流れは「ネット証券のみ」となっています。

大手も見習って欲しい

そこで、大手といわれる証券会社では、まだまだ高い手数料が取られると思います。

そして、IPOの主幹事の多くは、その大手証券会社になりますので…

そういったことを考えても、IPOでは手数料無料による恩恵は、少ないのかなと思います。

ということで、大手証券会社も手数料無料の流れに、乗って欲しいと思いますが…

人件費などが高い大手証券会社では、手数料無料は難しいのかなと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました