IPO初値予想「コンピューターマネージメント」新型肝炎がなければ…

スポンサーリンク

IPO初値予想「コンピューターマネージメント」

上場日:2020/3/11

市場:JQS

業種:情報・通信業

公開株数:421,800株

公開価格:2,750円

主幹事:SMBC日興証券

事業内容:システムの受託開発など

コンピューターマネージメントの考察①

業種は「情報・通信業」(システムの受託開発など)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

公開株数は「421,800株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはないので、その点での需要も良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は「頭打ち気味」ですので、業績に不安があると思います。

ビザスクの考察②

業態は、システムの受託開発などですので、業態の人気は「高い」と思います。

ただし、システムの受託開発などはIT系では多く、新規性は薄く同業他社も多いことから、人気は一段落ちると思います。

また、吸収金額などを見ると需要は良いと思いますが、現状の業績は良いとはいえないと思います。

考察としては、特に大きなデメリットはなく、高い初値を期待したところですが…

新型コロナウイルスの影響で、地合いは良いとはいえないと思いますので、その点を加味した初値予想をしました。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:3,500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました