IPO仮条件「コンピューターマネージメント」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

コンピューターマネージメントの仮条件について

前々日に発表された「コンピューターマネージメント」の仮条件について

その内容は、想定価格「2,630円」に対して、仮条件は「2,630円~2,750円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、妥当な仮条件だと感じました。

その理由は、吸収金額が少なく、需要は良いと思うからです。

また、IPOでは人気がある「IT系」ですので、それも相まって人気は高いと思います。

コンピューターマネージメントについて

業態は「システムの受託開発等など」ですので、業態の人気は「高い」と思います。

ただし、IT系ではよくある業態ですので、人気は一段落ちると思います。

また、吸収金額は少ないので、需要は「高い」と思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VC及びSOがないことも、評価できると思います。

そして、業績を見ると延び傾向にありますので、業績の不安は少ないと思います。

BBで気になること

BBで気になることは、特にないと思います。

それでも、IPOでは人気のIT系といっても、IT系では多くある業態ですので…

人気があるといっても、その人気は一段落ちるのかなと思います。

それでも、吸収金額から考えると需要は良く、業績も悪くないと思います。

強いていえば、利益の延びが少ないので、業績については、今後に期待といった感じになると思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスは、全力でBBに参加したいと思います。

その理由は、需要や業態を考えると、公募割れするIPOではないと思うからです。

また、仮条件を見ても想定価格より上げていますので、人気は高いのかなと思います。

ただし、主幹事は「SMBC日興証券」になりますので、配分枚数から考えると、当選は厳しいと思います。

また、現時点での初値予想は、公開価格の「2倍以上」は固いのかなと予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました