IPO新規承認「コンピューターマネージメント」主幹事はSMBC日興証券 | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

IPO新規承認「コンピューターマネージメント」主幹事はSMBC日興証券

スポンサーリンク

IPO新規承認「コンピューターマネージメント」

このほど「コンピューターマネージメント」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「システムの受託開発など」になります。

コンピューターマネージメントは、ゼネラルソリューション、インフラソリューション、EPRソリューション、この3つを軸にサービスを提供している企業になります。

企業サイトを見ると、一般的に多くあるIT企業といった感じになると思います。

コンピューターマネージメントの上場スケジュールなど

主幹事  SMBC日興証券
上場予定 JQS
業 種  情報・通信業
想定価格 2,630円
当選枚数 4,218枚
仮条件日 2/21
BB期間 2/25~3/2
公開価格 3/3
申込期間 3/4~3/9
上場日  3/11

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

コンピューターマネージメントの総評①

業種は「情報・通信業」(システムの受託開発など)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

当選枚数は「4,218枚」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはないので、その点での需要も良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は年々延びていますので、業績の不安は少ないと思います。

コンピューターマネージメントの総評②

業態は、システムの受託開発などですので、業態の人気は「高い」と思います。

ただし、IT系では多い業態で、さらに同業他社も多いことから、業態の人気は一段落ちると思います。

それ以外では、吸収金額が少ないなどで需要は良く、業績も悪くないと思います。

総評としては、IPOでは人気の「IT系」ですので、業態の人気は高いと思います。

また、吸収金額を見ると需要も良く、業績も悪くないと思いますので、高い初値が期待できると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました