GMOクリック証券の優待クロスの売買手数料を無料にする方法

スポンサーリンク

優待クロスのネック

優待クロスをする人にとって、ネックになる一つに「売買手数料」があると思います。

それは、安い優待のことろに、多くの売買手数料を取られていては、利益が薄くなってしまうからです。

それでも、例えばSMBC日興証券では、信用取引の売買手数料は「無料」になっています。

それは今のところSMBC日興証券だけのサービスになります。

そこで、SMBC日興証券以外の多くの証券会社では、売買手数料は「有料」になります。

売買手数料の例外

ただし、例えば楽天証券では「超割コース大口優遇」の条件をクリアすれば、信用取引の売買手数料は無料になります。

たま、楽天証券以外にも、その手のサービスを行っている証券会社があります。

しかし、条件をクリアするには敷居が高く、そういったサービスを受けられない人が、大半になると思います。

または、株価が10万円以下の場合は、売買手数料が無料になるなどの例もあります。

そして、上記に書いたSMBC日興証券では、売買手数料が条件なしで無料ですので、人気が高くなっています。

SMBC日興証券は使えない!?

しかし、SMBC日興証券は人気が高いことで、優待がすぐになくなってしまいます。

それだけ、優待クロスをする人にとって、売買手数料は痛い出費になるということです。

そこで、SMBC日興証券以外でどうにかして安く、優待を手に入れたいと考えると思います。

その方法は、ご存知の方も多いと思いますが・・・

GMOクリック証券で、売買手数料を無料にする方法がありますので、以下に軽く説明したいと思います。

GMO系列の優待を利用する!

GMO系の会社は、今のところ5社上場していて、その5社とも優待を発行しています。

ちなみに決算(権利落ち日)は、どの会社も同じで「6月末」と「12月末」になっています。

そして、どの会社の優待もGMOクリック証券で株を売買したときに、手数料がキャッシュバックされる優待を発行しています。

そこで、その優待を使うことで、優待クロスの売買手数料を無料にすることができます。

詳しくは、以下のURLを参照して下さい。

参考URL:GMOインターネットグループ株主優待

合算することも可能です。

ただし、キャシュバックには限度額がありますので、限度額を超えた分については、自己負担になります。

また、GMOクリック証券の金利は「3.0%」(一般信用)で、その他にも掛かりますので、優待の取得経費は高目になります。

それ以外では、限度額は「合算」して使うことができます。

そこで、1社の優待だけでなく、2社3社と多く優待を取れば、それだけキャッシュバックされる限度額も増えます。

ということで、GMOクリック証券で、優待クロスの売買手数料を無料にするを方法を、軽く説明させていただきました。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました