IPO初値予想「Chatwork」評価は下がってますね。

スポンサーリンク

IPO初値予想「Chatwork」

上場日:2019/9/24

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:9,775,000

公開価格:1,600円

主幹事:大和証券

事業内容:ビジネスチャットツール「Chatwork」の開発・提供、セキュリティーソフトウエア「ESET」の代理販売

Chatworkの考察①

Chatworkの業種は「情報・通信業」(ビジネスチャットツール「Chatwork」の開発など)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

公開株数は「9,775,000株」と多い「大型IPO」になりますので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは多いので、その点での需要も良いとはいえないと思います。

会社の業績は、売上は伸び傾向にありますが、利益は「赤字」ですので、業績に不安があると思います。

Chatworkの考察②

Chatworkの業態は、ビジネスチャットツール「Chatwork」の開発などですので、業態の人気は「高い」と思います。

また、チャットツール以外にも、そこから派生する業態が、今後できる可能性もあると思いますので、将来性は高いと思います。

ただし、吸収金額が大きい「大型IPO」で、VC及びSOも多い「出口案件」ですので、需要は良くないと思います。

考察としては、業態は良いと思いますが、需要や業績などを考えると、厳しいところがあると思います。

さらに、ここに来て評価は下がっていますので、初値は厳しい結果になると予想しています。

初値予想

評価:C(3)
初値予想:1,600円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました