Chatworkはむしろ落選して良かったのかもしれない。

スポンサーリンク

ChatworkのBB抽選について

Chatworkについて、主幹事は当選報告が多い「大和証券」になります。

さらに「大型IPO」ということもあり、BB抽選で当選したとの声を多く聞きました。

しかし、私といえば主幹事の大和証券では、補欠にも掛からずの「落選」でした。

また、みずほ証券では「補欠当選」をいただきましたが、最終的に「落選」でした。

それ以外でも、最後にBB抽選があった楽天証券でも「落選」でした。

BB抽選の詳細

大和証券・・・・・選外(落選)
みずほ証券・・・・補欠→落選
マネックス証券・・落選
日興証券・・・・・補欠→落選
SBI証券・・・・落選
松井証券・・・・・落選
楽天証券・・・・・落選

BB抽選の結果は、上記を見ての通りで、全て「落選」でした。

どだけ運が悪いんだよ!

BB抽選後、多くの人が当選したとの報告をしていたにも関わらず・・・

私といえば、全て「落選」でしたので「どんだけ運が悪いんだよ!」と思ってしまいました。

しかし、IPOについては大型IPOといえども、落選することも多くあると思います。

そこで、どんだけ運が悪いんだと思った反面、こういったこともあるよなとも思いました。

そこで、今回の結果は仕方がなかったと思い、気持ちを切り替えることにしました。

Chatworkの初値は危険!?

しかし、直近のIPOを見ると「+5万」は固いと思っていた「ギフティ」は、期待外れの結果になりました。

さらに、サイバー・バズについては、予想を大きく下回る初値でした。

もっと酷いのは「ピー・ビーシステムズ」で、予想に反する論外の初値だったと思います。

そこで思ったのは、同じIT系のChatworkについても、期待外れの結果になる可能性があると思いました。

もちろん、まだ上場前ですので何ともいえませんが、地合い的にも雰囲気的にも、危険ランプが点灯していると思います。

最後に

新規承認直後の前評判は、大型IPOで出口案件の割には良かったと思います。

私の記憶が確かならば、新規承認直後の大手予想は「+5万」ぐらいだったと思います。

しかし、その後は評価が下がることになり・・・

大手の初値予想が出るたびに、予想価格が下がってしまうような状況で、IPOにとって残念なことだと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました