IPO仮条件「Chatwork」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

Chatworkの仮条件について

昨日発表された「Chatwork」の仮条件について

その内容は、想定価格「1,605円」に対して、仮条件は「1,440円~1,600円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、妥当な仮条件だと感じました。

理由は、ChatworkはIPOでは人気の「IT系」ですので、業態の人気は高いと思います。

しかし、吸収金額が大きい「大型IPO」になりますので、需要的に厳しいところがあると思うからです。

Chatworkについて

Chatworkの業態は「ビジネスチャットツールの開発・提供など」ということで、業態の人気は「高い」と思います。

理由は、IPOでは人気の「IT系」になりますので、人気は高くなると思うからです。

また、Chatworkが提供している「Chatwork」は、多くの企業に導入されていることも、評価できると思います。

ただし、上記にも書きましたが、吸収金額が大きい大型IPOですので、需要的に厳しいところがあると思います。

そして、業績については「赤字経営」(今期は黒字予定)ですので、業績に不安があると思います。

BBで気になること

BBで気になることは、繰り返しになりますが、大型IPOですので、需要的に厳しいところです。

また、VC及びSOが多くあり、その点からも需要的に厳しいと思います。

ただし、業態を見るとChatworkは多くの企業に導入されていて、今後に期待できる面は大きいと思います。

また、そこから新たなビジネスモデルを作ることも可能ですので、そういった意味で将来性は高いと思います。

さらに、今期は赤字経営から黒字化(予定)している点も評価できると思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスについては、正直いうと「微妙」だと考えています。

そして、大型IPOの割には前評判は良いですが、需要的に難がありますので、考えどころだと思います。

また、仮条件上限で公開価格が決まらなければ、さらに需要は悪化すると思います。

そこで、今回はキャンセル可能な証券会社だけBBに参加して、仮条件の状況を見て判断したいと思っています。

また、初値予想については、現状では公募割れはないと思いますが、上値は限定されると考えています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 仮条件
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました