Casaの初値を見て思う今後のIPOについてなど

スポンサーリンク

Casaの初値が決定!

本日上場した「Casa」について、本日初値が決まり、その初値は・・・

公開価格「2,270円」に対して、初値は「2,331円」(+61円)に決まり、大方の人が予想していた「公募同等」とか「公募前後」といわれる株価に落ち着きました。

そして、初値が付いた後は冴えない展開になり、上に上がることもほぼなく、ダラダラと下がって行く一方で、大型IPOの割には商いも薄く・・・

それは、IPOとしてのCasaは人気が薄く、人気が薄い銘柄らしい展開になったということだと思います。

今後に続くIPOには良いこと!

今回は、内容的に公募割れもあると思っていましたので、公募割れしなかったことは良かったことだと思います。

それは、仮にCasaが公募割れになれば、後に続くIPOに多かれ少なかれ、不利な状況というかマイナスになると思うからです。

ということで、Casaが今回公募割れしなかったことで、今後のIPOにとっては、多少なりとも有利になると思います。

ただし、Casaが今回公募割れしなっかたといっても、後に続くIPOが有利になるといっても、それはそれで問題があると思います。

11月の当選は厳しい!

11月のIPOについては、現在「6社」が上場予定になっていますが、そのどれもが当選枚数は少なく、当選するには「至難の業」になると思います。

そこで、11月のIPOについては、1社でも当選してくれれば御の字というか上出来で、普通に「全滅」(6社全てに落選)ということもあると思います。

ですので、Casaが公募割れしなかったことで、今後のIPOに有利になるといっても、それが問題で・・・

その問題とは、IPOに当選しないことには、当然利益も出せませんので「後に続くIPOがとか有利とか、そんなことは知ったことでない!」ということになると思います。

IPO投資は良いのか?悪いのか?

結局、現物株は欲しいときに買えますが、現物株とは違いIPOは、当選しないことには何も始まることがありません。

それは、IPOは当選してなんぼ!当選することが全て!ということで、IPOは「運」に頼った投資になると思います。

それが良いのか悪いのか、私はリスクが少ないIPOが、良い投資方法というか投資先だと今まで思い、少ない資金ですが全力で投資してきました。

しかし、ここ最近の好調相場を見ていて、IPOが決して良い投資だとはいえないというか、悪くはないと思いますが、今の好調相場に乗り遅れた感は否めないと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ