株や投資をする人に必見の金融映画「キャピタリズム マネーは踊る」

スポンサーリンク

キャピタリズムは、GMのリストラなどを取り上げた、社会派「マイケル・ムーア監督」が、資本主義経済に切り込んだ作品になります。

また、リーマンショックに迫った、2009年に作られたドキュメンタリー映画になります。

その内容は、2008年のリーマン・ショック以降のアメリカ経済の現実を描いています。

ストーリー

2008年、リーマン・ブラザーズの経営破綻が金融危機の引き金となり、世界経済は「100年に一度」と呼ばれる同時不況に陥った。

アメリカでは、住宅市場の大暴落と企業の倒産により、自宅や職を失う人々が大量に発生しました。

一方で、金融危機の原因を作った投資銀行や保険会社は、公的資金(税金)で救われ、役員は1億円以上のボーナスを手にしています。

ウォール街は何をした、人々のおカネはどこに消えた、ムーア監督が$マークのついた袋を手に、ウォール街へと突入する。

映画を見た人の感想

金融危機に対してあまり知識がない人でも理解しやすい内容だと思います。

安い値段で家を下層の人間に買わせ、膨れ上がる利子で暴利を貪る。そして払えなくなったら家を差し押さえ。

このことによりアメリカの社会は、1%の超富裕層に対して、95%の貧困層を生み出すこととなった。

アメリカの暗い部分を知るには、非常に良い映画です。

最後に

私がこの映画を見た感想は、リーマンショックのことが、手堅くまとめられた映画だと感じました。

また、映画のタイトルの「キャピタリズム」(資本主義)についても語られていて、反資本主義が強い映画だとも感じました。

それは、資本主義により多くの富を得た人がいる一方で、失望させられた人も多いという現実があるということ。

とにかく、アメリカの経済について、いろいろ考えさせられる映画だと思います。

他の記事も読む:株や投資をする人に必見の金融映画まとめ一覧

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!