IPO仮条件「BuySell Technologies」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

BuySell Technologiesの仮条件について

本日発表された「BuySell Technologies」(バイセルテクノロジーズ)の仮条件について

その内容は、想定価格「1,840円」に対して、仮条件は「1,790円~1,930円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、妥当な仮条件だと感じました。

その理由は、業態的な人気は普通程度で、需要的にも普通だと思うからです。

ただし、主幹事は「SBI証券」になりますので、注目度は多少高いのかなと思います。

BuySell Technologiesについて

BuySell Technologiesの業態は「リユース商材の買取及び販売」ですので、業態の人気は「普通」かと思います。

ただし、業態的な新規性は薄く、同業他社も多いことから、人気は一段落ちると思います。

また、吸収金額から考えると、需要も普通程度になると思います。

ただし、VC及びSOが多くあり、上場直後に行使できるSOは多いので、その点はマイナスになると思います。

会社の業績は、売上及び利益ともに年々延びていますので、業績の不安は少ないと思います。

BBで気になること

BBで気になることは、特にコレといった特徴がないところです。

業態的な人気は普通、需要的なことも普通、可もなく不可もなくといったIPOになると思います。

また、上場日は「三社同時上場」で、資金の分散が気になり…

上場日は、12月のIPOラッシュの中間になりますので、息切れ感もあると思います。

ただし、上記にも書いたように、SBI証券が主幹事ですので、注目度が多少高いことは、メリットだと思います。

また、業績が延びている点も良いと思います。

最後に

今回のBBスタンスは、全力で参加したいと思います。

その理由は、上場内容的に公募割れはないと思うからです。

もっといえば、この上場内容で仮に公募割れしたら、仕方がないと諦めが付くIPOになると思います。

また、SBI証券が主幹事ですので、他社と比べると当選確率は高いと思います。

そして、現時点での初値予想は、公開価格の「1.5倍以下」、地合い次第では「1.5倍前後」と予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました