IPO初値予想「ブリッジインターナショナル」インサイドセールスの上場!

スポンサーリンク

IPO初値予想「ブリッジインターナショナル」

上場日:2018/10/3

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:351,600

公開価格:2,310円

主幹事:SMBC日興証券

事業内容:インサイドセールス(電話やウェブなどの非対面営業)に関するアウトソーシング受託業務を主軸にした法人営業改革支援

ブリッジインターナショナルの考察①

ブリッジインターナショナルの業種は「サービス業」(インサイドセールスなど)になりますので、業種の人気としては「普通」かと思います。

公開枚数は「351,600株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありですが、上場直後に行使できるSOは少ないので、その点での需要も良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益共に年々伸びていますので、業績について不安は少ないと思います。

ブリッジインターナショナルの考察②

ブリッジインターナショナルの業態については、インサイドセールスとうことで、業態の人気としては「普通」かと思います。

ただし、インサイドセールスについては、今後伸びる傾向にあると思いますので、業態として悪くないと思います。

ちなみに、インサイドセールスとは、客先へ訪問する外勤とは違い、電話などによる内勤による営業のことになります。

考察としては、特に大きなデメリットはなく、地合いが回復傾向にあることなどもあり、高い初値が期待できると予想しています。

初値予想

評価:A(8)
初値予想:5,310円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!