IPO初値予想「ブランディングテクノロジー」初日は初値付かずですね!

スポンサーリンク

IPO初値予想「ブランディングテクノロジー」

上場日:2019/6/21

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:156,200

公開価格:1,740円

主幹事:SBI証券

事業内容:インターネットを利用した各種情報提供サービス、広告業および広告代理店業、インターネットホームページの企画立案、開発、管理およびそれに付帯する業務

ブランディングテクノロジーの考察①

ブランディングテクノロジーの業種は「サービス業」(インターネットを利用した各種情報提供サービス)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

公開株数は「156,200株」と少ない「プラチナチケット」ですので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日or180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは、そこそこ枚数がありますので、その点での需要は、良いとはいえないと思います。

会社の業績は、売上及び利益は伸び傾向にあると思いますが、利益が低いので、業績に不安があると思います。

ブランディングテクノロジーの考察②

ブランディングテクノロジーの業態は、インターネットを利用した各種情報提供サービスですので、業態の人気は「高い」と思います。

ただし、HPの企画などは同業他社が多いので、人気は一段落ちると思います。

また、公開株数が少ないプラチナチケットで需要は良く、業績は良いとはいえないと思いますが、悪くはないと思います。

考察としては、需要は良く業態も良いので、高い初値が期待できると思います。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:4350円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

タイトルとURLをコピーしました