ブランディングテクノロジーのポイント当選の結果を調べてみました。

スポンサーリンク

ブランディングテクノロジーのポイント当選について

昨日、SBI証券が主幹事の「ブランディングテクノロジー」について、BB抽選が行われました。

ちなみに、私はポイントは使わず、資金枠で抽選に挑みましたが、補欠にも掛からず見事に玉砕してしまいました。

参考URL:IPO当落結果「ブランディングテクノロジー」期待したい結果発表!

そして、今回はSBI証券が主幹事でしたので、ポイント当選のボーダーラインと当選枚数を調べたてみました。

ポイント当選のボーダーラインについて

・400ポイント 当選
・389ポイント 当選
・387ポイント 当選

・365ポイント 落選
・350ポイント 落選
・320ポイント 落選

ブランディングテクノロジーのポイント当選のボーダーラインは「366P~387P」の間だったようです。

ポイント当選の枚数などについて

ポイント当選の枚数については、今回は「100株」(1枚)当選だったようです。

今回は、過去の実績から予想すると、100株当選だと思っていましたので、予想通りの結果になりました。

また、ポイント当選のボーダーラインも、私は「350P~400P」と予想していましたので、そちらも予想通りでした。

今回は、ポイント当選が「400P以上」になる可能性もあったと思います。

しかし、事前の初値予想から400P以上使うには、使いにくい条件だったと思います。

インフォネットのポイント当選について

次のSBI証券主幹事は「インフォネット」になりますが、こちらは「200株」当選が濃厚だと思います。

そこで、上記のブランディングテクノロジーの結果を見ると、400P超えは確定なのかもしれません。

その理由の一つに、チャレンジポイントは、現在インフレしていますので、早く使いたいと考える人が多いと思うからです。

しかし、200株ではなく100当選の可能性もありますので、ポイントを使うには、難しい判断になると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

タイトルとURLをコピーしました