ブランディングテクノロジーのポイント当選のボーダーラインの予想

SBI証券主幹事のブランディングテクノロジー

ブランディングテクノロジーは、SBI証券が主幹事ですので、ポイントを使うか使わないかで、悩んでいる人もいると思います。

そこで、個人的にポイント当選のボーダーラインを予想してみました。

以下については、あくまでも私の個人的な予想になりますので、その点ご了承下さい。

まず、ブランディングテクノロジーの公開価格は、仮条件上限の「1,740円」(予想)になると思います。

そして、SBI証券での配分は、当選株数が少ない「プラチナチケット」になります。

ブランディングテクノロジーの初値予想

また、ブランディングテクノロジーは、IPOでは人気の「IT系」で、業態的に人気があると思います。

ちなみに、ブランディングテクノロジーの業態は、インターネットを利用した各種情報サービス提供などになります。

そこで、相場の状況もあると思いますが、初値は「5000円前後」、上手く行けば「6000円」超えもあると思います。

ということで、初値予想は間を取って「5,500円」とします。

ポイント当選のボーダーライン

当選株数は、過去の例を見ると「100株」当選が濃厚だと思います。

そこで、初値予想から利益としては「35万円以上」は固いと予想します。

そして、利益35万円から逆算すると、ポイント当選のボーダーラインは「350ポイント以上」が妥当なのかなと予想します。

ただし、当選株数が少ないプラチナチケットですので、予想以上の大幅高になる可能性を含んでいると思います。

そういったことなどを加味すると、場合によっては「400ポイント以上」になる可能性もあると思います。

最後に

SBI証券のIPOチャレンジポイントについては、現在インフレしていますので、早く使いたいと思う人も多いと思います。

そこで、今回のボーダーラインは、上記に350ポイント以上と書きましたが、400ポイントを超える可能性もあると思います。

ただし、400ポイント以上使うとなると、使うのをためらう人もいると思います。

そこで、今回は「350ポイント以上400ポイント以下」に、ポイント当選のボーダーラインは、収まるのかなと予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

タイトルとURLをコピーしました