Chatworkの初値を見るとBASEのBB参加は勇気がいる。

スポンサーリンク

BASE(ベイス)のBBについて

来週「10/9」から「BASE」(ベイス)のBB申し込みが始まります。

BASEの主幹事は「大和証券」と「SBI証券」の共同主幹事ですので、当選の期待ができるIPOだと思います。

また、当選枚数が多い「大型IPO」ですので、当選の期待はさらに膨らむと思います。

そして、同じような当選枚数だった、直近で上場した「Chatwork」では、当選者したとの声が続出しました。

そこで、当選を狙いBASEのBBに参加する人もいると思います。

Chatworkの初値を見ると…

しかし、上記に書いたChatworkの初値を見ると、残念なことに「公募割れ」でした。

さらに、初値は「引受価格」で決まるという、最悪とまではいえませんが、状況的に良いとはいえない初値でした。

そこで、BASEの初値についても現時点では、公募割れする可能性があると思います。

それは、あくまでも可能性の問題であって、公募割れと決まっているわけではありません。

また、仮条件がまだ出ていませんので、何ともいえないところがあると思います。

どちらにしろ難しい判断が必要

そこで、仮条件が仮に上振れすれば、そこそこ人気があると判断できると思います。

しかし、仮条件が下振れした場合は、人気がないと判断されてしまい、BBに参加する人は減ると思います。

それでも、大きく下振れすることになれば、今度は「値ごろ感」が出ますので・・・

BBに参加しても良いと考える人もいると思います。

とにかく、上振れするにしろ下振れするにしろ、BBに参加するかしないか、難しい判断になると思います。

複数当選が狙えるけど…

BASEについては上記に書いた通り、大和証券とSBI証券の共同主幹事になります。

そこで「複数当選」が狙えると思います。

そして、仮に利益が薄かったとしても複数当選ならば、それだけ利益が大きくなります。

ただし、その逆もありきで公募割れすることになれば、損失は大きくなってしまいます。

そういったことなどを考えると、BASEのBBは悩みどころが多いと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました