下げ相場でIPO投資をするメリットなどについて

スポンサーリンク

相場は神のみぞ知る

現在の相場は「下げ相場」になっていて、持ち株が大幅に下がってしまった。という人も多いと思います。

それでも、今はたまたま短期的に下げているだけだ!という人もいて・・・

今の下げ相場が回復すれば、下がってしまった持ち株の株価は元に戻り、一安心となると思います。

しかし、相場が回復するかどうかは「神のみぞ知る」ではないですが、どちらに転ぶか予想することは難しいと思います。

IPO投資のメリット

その点、IPO投資では下げ相場でも、不安はないと思います。

その理由は、IPOで当選して購入した株については「初値売り」するのが、一般的というか多いからです。

初値売りとは、上場されて初値が付いたと同時に、購入した株を売ってしまうことです。

その結果、ポジションを持ち続けることがありませんので、下げ相場でも不安はないということです。

ただし、購入した株を初値で売らず、持ち続ける人もいると思いますので、そういった場合は別の話しになります。

IPO投資のデメリット

とにかくIPO投資のメリットは、ポジションを持たないので、下げ相場でも不安がないということです。

しかし、これが一転して上げ相場なら、IPO投資はポジションを持ちませんので、上げ相場でも利益が取れないことになります。

それがIPO投資のデメリットということになります。

それでも、上げ相場でIPOに当選すれば、多くの利益を得るチャンスがあると思いますので、それはそれで良いと思います。

最近のIPOは当選しにくい!

また、最近のIPOは、人口が急激に増えたことで、当選しにくくなっています。

そこで、IPOに当選しなければ、資金を寝かせるだけになりますので、そういった点も最近のIPO投資のデメリットになると思います。

ですので、IPO投資は、当選すれば高確率で利益が取れる反面、当選しにくいのが難点になります。

それは、最近のIPO投資はリスクが少ない代わりに、長期的に見るとリターンも少ないということです。

最後に

そこで、株投資でリスクを取りたくないなら、投資自体をやらないか、IPO投資のみということになり・・・

中間を取るなら、IPO投資と並行して、現物株などの売買となり・・・

そして、リスクを取ってでも大きく儲けたいなら、現物株などでの取引ということになると思います。

その辺は人それぞれだと思いますので、どれが良いとも悪いともいえないと思います。

とにかく繰り返しになりますが、下げ相場でポジションを持たないことが、IPO投資のメリットだと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ