IPO仮条件「ベース」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

ベースの仮条件について

本日に発表された「ベース」の仮条件について

その内容は、想定価格「4,650円」に対して、仮条件は「4,600円~4,700円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、少々弱気な仮条件だと感じました。

その理由は、IPOでは人気の「IT系」で、吸収金額も多くはないので、一定の買いが集まると思うからです。

しかし、想定価格が高い「値がさ株」になりますので、仮条件を大きく上げるのは、難しかったのだと思います。

ベースについて

ベースの業態は「ソフトウェア開発サービスなど」になりますので、業態の人気は「高い」と思います。

また、吸収金額も多くはないので、需要的にも良いと思います。

さらに、主要株主には「180日」のロックアップが掛かっており、その点も良いと思います。

また、VCはなくSOはありますが、多くはないので、問題ないレベルだと思います。

会社の業績は、売上及び利益は延び傾向ですので、業績の不安は少ないと思います。

BBで気になること

BBで気になることは「値がさ株」になりますので、買い控えがあることです。

また、上場日は「三社同時上場」になりますので、資金の分散も気になるところです。

さらに、IPOでは人気の「IT系」といっても、業態の新規性は薄く、同業他社が多いことも、マイナス評価になると思います。

また「東証二部上場」というのも、IPOとしては不利になると思います。

それでも、業態は人気があるIT系で、吸収金額も多くはないので、十分こなせる範囲だと思います。

最後に

今回のBBスタンスは、全力でBBに参加したいと思います。

理由は、上記に書いたように、業態や需要などを考えると、公募割れはないと思うからです。

とはいえ、値がさ株などのデメリットもありますので、初値大幅高というのは、難しいのかなと思います。

ただし、逆もありきで値がさ株ゆえに、大幅なプラスになることもあると思います。

また、初値予想については公募割れはなく、公開価格の「1倍以上~1.5倍以下」までが、上限なのかなと予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました