IPO仮条件「ビーアンドピー」主幹事はいちよし証券

スポンサーリンク

ビーアンドピーの仮条件について

本日発表された「ビーアンドピー」の仮条件について

その内容は、想定価格「1,900円」に対して、仮条件は「1,900円~2,000円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、妥当な仮条件だと感じました。

その理由は、業態の広告作成などは同業他社が多く、業態的に弱含みだと思います。

しかし、業務用インクジェットプリンターを使用することに特化している点で、一定の評価ができると思うからです。

ビーアンドピーについて

ビーアンドピーの業態は、上記の繰り返しですが、業務用インクジェットプリンターを使用した、広告制作などになります。

そこで、広告業と考えると同業他社は多く、業態として魅力に欠けると思います。

しかし、業務用インクジェットプリンターの使用に特化している点で、一定の評価ができると思います。

また、ロックアップは180日掛かり、上場直後に行使できるVC及びSOもないので、その点での需要は良いと思います。

そして、吸収金額は普通程度で、業績は若干頭打ち感があると思います。

BBで気になること

BBで気になることは、特にコレといったことはないと思います。

ただし、業態、需要、業績など、どれを取っても悪くはないと思いますが、決して良いともいえない。

それを良くいえば、大きなデメリットはないけど、悪くいえばコレといった強みがない。

ということで、IPOとしては平凡というか、平均的なIPOになると思います。

最後に

上記のことから、ビーアンドピーは、公募割れはないと思います。

ただし、公募割れがない代わりに初値の大幅上昇は、期待できないと思います。

そして、ビーアンドピーの主幹事は「いちよし証券」になりますので、当選する可能性は低いと思います。

とはいえ、公募割れはないと思いますので、当選したいIPOになると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました