Branding Engineerのポイント当選のボーダーと当選枚数

スポンサーリンク

Branding Engineerについて

先日、SBI証券が主幹事の「Branding Engineer」について、BB抽選が行われました。

ちなみに、私はポイントは使わず、資金枠で抽選に挑みましたが、補欠にも掛からず玉砕してしまいました。

参考URL:IPO当落結果「Branding Engineer」期待のSBI証券主幹事!

そして、今回はSBI証券が主幹事ということで…

毎回調べているポイント当選の「ボーダーライン」と「当選枚数」を調べたてみました。

ポイント当選のボーダーライン

・412P・・・当選
・410P・・・当選
・401P・・・当選
・399P・・・当選

・382P・・・落選
・376P・・・落選
・371P・・・落選
・362P・・・落選

ポイント当選の当選枚数などについて

今回は「390ポイント前後」(予想)が、ポイント当選のボーダーラインでした。

また、ポイント当選での当選枚数は「100株」(予想)でした。

まず、ポイント当選の私の予想は「400ポイント前後」だと思っていましたので、これは予想通りの結果でした。

また、当選枚数については、私の予想は「200株」だと思っていましたので、こちらの予想はハズレでした。

今回は、390ポイント前後使って100株当選ということで、ポイントを使って当選した人は、残念な結果だったと思います。

ポイント的には「200株以上」は欲しかったと思います。

ポイントの単価などについて

Branding Engineerの大手予想は、現時点では「2,500円~3,000円」(公開価格「490円」)になっているようです。

そこで、ポイント当選の株数は「100株」でしたので、初値予想から「20万円前後」の利益ということになります。

そして、1ポイント当たりの単価は、仮に「400ポイント」で当選した場合は「500円」という計算になります。

そこで私が思ったのは、ポイントの「インフレ化」が進んでいると感じました。

ただし、初値大幅高になるIPOもありますので、ポイントの使い方次第では、大きな利益になることもあります。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました