IPO初値予想「アルヒ」外部の状況は良いと思いますが…

スポンサーリンク

IPO初値予想「アルヒ」

上場日:2017/12/14

市場:東証一部

業種:その他金融業

公開株数:19,122,800

公開価格:1,300円

主幹事:野村証券

事業内容:フラット35を中心とする住宅ローンの貸し付けおよび回収を行うモーゲージバンク事業

アルヒの考察①

アルヒの業種については「その他金融業」ということで、業種の人気としては「低い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は多いので、その点での需要面は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCありSOありですが、行使できる枚数はそれほどありませんので、その点での需要面は良いと思います。

会社の売上や利益については、公表が2年分のみのデータのため何ともいえず。

アルヒの考察②

アルヒの考察としては、業種の人気としては低く、大型IPOで東証一部上場になりますので、さらに人気は低くなると思います。

また「全部売出株」ということで、ファンドの資金回収案件になりますので、その点もマイナスになると思います。

また、公開価格が仮条件上限で決まらなかったことで、さらに厳しさは増したと思います。

ただし、市場やIPOの状況は現在好調ですので、その好調なことを盾にどれだけの買いを集められるかが、初値形成のカギになると予想しています。

初値予想

評価:C(3)
初値予想:1,300円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!