6月のIPOは全敗で7月に期待したいのに新規承認が少ない!

スポンサーリンク

6月上場予定のIPOは全敗

私の6月のIPOの成績について

期待していた「新日本製薬」は、当選を貰うことができませんでした。

また、次に当選を期待していた、SBI証券が主幹事だった「インフォネット」にも落選してしまいました。

さらに、次に当選を期待した、三菱UFJが主幹事の「あさくま」も落選でした。

ということで、私の6月のIPOの成績は、残念なことに「全敗」してしまいました。

7月に期待したいのですが…

そこで、7月のIPOに当選を期待したいところなのですが・・・

今日までに新規承認された、7月上場予定のIPOは、合計で「3社」になります。

その中で、当選が期待できるのは、大和証券が主幹事の「フィードフォース」ぐらいですが、それでも激戦だと思います。

そして、その3社を例年と比較すると、少ないと思います。

それは、過去の7月の新規承認の件数が、以下の通りになるからです。

7月に上場した過去のIPO実績

・2018年・・・10件
・2017年・・・4件
・2016年・・・6件
・2015年・・・7件
・2014年・・・4件

※ リートなど含む

データとして改めて見ると、2018年だけ新規承認が多いですが、他の年度は、一桁台の上場になっています。

最後に

上記にも書きましたが、私の6月のIPOの成績は全敗でしたので、7月のIPOに当選を期待しています。

そこで、最低でもあと2~3件、新規承認が出ると、良いと思っているのですが・・・

さらに、翌月の8月になると夏休みの関係で、新規承認が減ります。場合によっては、新規承認が0件の年度もあります。

そういったことがあり、特に7月のIPOに当選を期待しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

タイトルとURLをコピーしました