IPO投資では新規承認がないことには何もできない!

スポンサーリンク

今日も新規承認は発表されず。

今日はというか今日も、IPOの新規承認は発表されず。

それでも、昨日は久しぶりに「霞ヶ関キャピタル」が、新規承認されました。

しかし、当選枚数は「1550枚」という「プラチナチケット」になりますので、そんなプラチナチケットが新規承認されても・・・

ほぼ絶望的に、当選することは不可能だと思いますので、嬉しくも何ともありません。

11月の上場は2件だけなのか!?

そして、今日は日経平均が「800円以上」も下げましたので、今後の新規承認は出し渋るのかなと思います。

そのことで、11月に上場するIPOは、ここ5年間では最も少ない「2件」だけ。ということになる可能性も大いにあると思います。

そして、IPOが上場しないことには、IPO投資をしている人は、相場で儲けることはできない。ということになると思います。

しかし、IPO投資しかしていない人は、この下げ相場でポジションを持ちませんので、損することもありません。

下げ相場でも損をすることがない

ですので、いくら株価が下がろうがどうなろうが、相場を傍観して見ていられるのは、ある意味IPO投資のメリットになると思います。

しかし、このまま株価が下がるようなことになれば、上記にも書いたように、新規承認の数は確実に減ると思います。

ということは、IPO投資で儲けられる機会も減りますので、それは非常にありがたくないとこだと思います。

さらに、たとえ新規承認が発表されたとしても、下げ相場の初値は上げ渋ると思いますので、それもまた、非常にありがたくないことだと思います。

新規承認がなければ資金を寝かすだけ

投資について、私のようにIPO投資だけしかしてないという人は・・・

新規承認が発表されないことには、手持ちの資金を単に寝かしているだけですので、資金が増えることはありません。

それでも、現物株やETF(投信)や米国株など持たないIPO投資では、損することがないので、その点は良いと思います。

とにかく、IPO投資では新規承認が発表されないことには、指を加えて待つしかないという状況が、何とも歯がゆいですね。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ