来週から始まる怒涛のBB抽選の結果は不安しかない!

スポンサーリンク

不安しかない!

来週から始まる、怒涛のBB抽選の結果発表について、不安しかありません。

何が不安かって、落選のオンパレードになるのではないかと思っていて、そのことを不安に思っています。

確かに、IPOの当選確率はかなり低いので、落選になるのが普通というか通常というか当たり前だと思います。

しかし、私はすでにBB抽選で「23連敗」していて、23回連続で落選しています。

そういったことなどを加味すると、どこかの証券会社でもうそろそろ、当選をもらえそうな気がするのですが…

それはあくまでも気がするだけで、当選か落選かは神のみぞ知るところです。

当選を狙いたいIPO

来週で当選が狙えそうなところといえば「日本電解」ぐらいなのかなと思っています。

あとは、ダークホース的なところで「アルマード」辺りかなと思っています。

しかし、日本電解の主幹事は「日興証券」で、アルマードの主幹事は「野村証券」です。

どちらも「当選しない証券会社」で有名ですので、両者共に落選ということも大いにあると思っています。

それでもどちらかといえば、過去の結果を見ると日本電解の方が、当選しやすそうな気もするのですが…

それでも厳しいのには、変わりないと思います。

ちなみに「デコルテ・ホールディングス」は、BBに参加しませんでした。

ここだけは死守したい!

ここだけは死守したいと思うIPOは「プラスアルファ・コンサルティング」かな。

公開株数は超大型の「10,916,300株」ですので、期待せずにはいられません。

しかし、これもまた「野村證券」が主幹事になりますので、超大型といっても落選の可能性が大きいと思っています。

このままで行くと、6月も「全敗」というのも、可能性としてあると思っています。

これだけIPOが多い6月なら、さすがにどれかは当選するだろうと思っていたのですが、どうやら甘かったようです。

そこで、一日でも早く当選の二文字を見ることができれば、6月の全敗を阻止したことで安心できるんですけどね。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました