IPO初値予想「AmidAホールディングス」業態的に弱含みだと思います。

スポンサーリンク

IPO初値予想「AmidAホールディングス」

上場日:2018/12/20

市場:東証マザーズ

業種:小売業

公開株数:592,200

公開価格:1,460円

主幹事:野村証券

事業内容:EC(電子商取引)通販事業(印鑑・スタンプを中心とした商材を自社グループサイトを中心としたインターネット通販サイトで販売)

AmidAホールディングスの考察①

AmidAホールディングスの業種は「小売業」(印鑑・スタンプの通販など)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

公開株数は「592,200株」と普通程度ですので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要大株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOなしになりますので、その点での需要は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上は年々伸びていますが、利益は上げ下げ(横ばい)していますので、業績に不安があると思います。

AmidAホールディングスの考察②

AmidAホールディングスの業態については、印鑑・スタンプの通販などということで、業態の人気としては「低い」と思います。

また、業態的に新規性はないことで、人気はさらに一段落ちると思います。

さらに、吸収金額は普通程度で、需要的に強いとはいえず、業績についても不安があると思います。

考察としては、特にコレといって評価する点はないことで、公募割れはないと思いますが、上値は限定されると予想します。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:1,800円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました