IPO新規承認「アイ・パートナーズ」SBI証券主幹事またキター!

スポンサーリンク

IPO新規承認「アイ・パートナーズフィナンシャル」

このほど「アイ・パートナーズフィナンシャル」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「金融商品仲介業を基軸としたIFAによる金融サービスの提供事業」になります。

IFAとは「資産アドバイザー」のことで、独立系ファイナンシャルアドバイザーとも呼ばれ、金融アドバイザーの業態の一種になります。

アイ・パートナーズフィナンシャルは、投資家の運用ニーズやリスク許容度、金融リテラシーのレベル、マーケットの見通しなどを考慮し、投資家のライフプランに相応しい運用方法を提案しています。

アイ・パートナーズフィナンシャルの上場スケジュールなど

主幹事  SBI証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  その他金融業
想定価格 2,940円
当選枚数 1,150枚
仮条件日 6/3
BB期間 6/7~6/11
公開価格 6/14
申込期間 6/15~6/18
上場日  6/23

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

アイ・パートナーズフィナンシャルの総評①

まず、今年3月に上場を中止して(理由不明)からの、再上場案件になります。

業種は「その他金融業」(IFAによる金融サービスの提供事業)ですので、業種の人気は「普通」かと思います。

当選枚数は「1,150枚」と少ない「プラチナチケット」になりますので、その点での需要は良いと思います。

また、主要大株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは少ないので、その点での需要も良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は上げ下げしていますので、業績に不安があると思います。

アイ・パートナーズフィナンシャルの総評②

まず、IFA(Independent Financial Advisor)の先駆者ともいうべき存在で、IPOらしい業態なのは良いと思います。

また、公開株数が少ないプラチナチケットですので、それだけでも高い初値が期待できると思います。

ただし、業績にムラがありますので、その点はマイナス評価になると思います。(今後に期待といった感じだと思います。)

また、上場日前日は四社同時上場予定で、上場日も三社同時上場予定になりますので…

上場スケジュールを見ると「上場ラッシュ」といった感じで、この点もマイナス評価になると思います。

そして、SBI証券が主幹事ですので、ポイントを使うか悩みどころだと思いますが…

上場スケジュールを見る限り資金が分散されてしまい、予想より低い初値になる可能性があると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました