AIメカテックは公募割れ回避でギリギリセーフでしたね!

スポンサーリンク

AIメカテックについて

本日上場された「AIメカテック」について

公開価格「1920円」に対して、本日初値が付いて、初値は「1941円」でした。

上記を見るとギリギリでしたが公募割れせず、手数料を引いて多少プラスになった。といった感じだと思います。

大手予想を含めて、多くの人が公募割れと予想していた中で、そこそこ頑張った初値だったと思います。

通常なら公募割れしていてもおかしくなかったと思います。

ちなみに大手予想は、ガッチリ公募割れの「1800円」だったそうです。

初値後が良くなかった

初値は頑張りましたが、初値を付けた後は一旦上がる場面もありましたが、終値で200円以上も下げています。

こういったのが続くと、セカンダリーに資金が入らなくなり、初値も上がらなくなります。

この辺がセカンダリーに参戦する難しさだと思います。

7月のIPOについて

7月のIPOについては、公募割れの可能性があった「アシロ」は公募割れせず。

さらに公募割れの可能性が大きかった「AIメカテック」も公募割れせずでした。

ということで、7月に上場した9社の全てが、公募割れれせず終了となりました。

この結果を受けて、8月のIPOはさらに良くなると予想しています。(あくまでも個人的な予想です。)

ただし、日経はある程度下げても問題ないと思いますが、ダウやナスダックが大幅に下がったとなると、話しは別になると思います。

むしろ日経が下がることで浮いた資金が、IPOに流れて来る可能性があると思います。

最後に

これから約3週間ほどIPOが開くので、少々お休みということになります。

また、来月8月のIPOは小粒ぞろいで、どれも初値が期待できると思います。

ただし、そういったIPOは落選するのが通常ですので、相当運が良くなければ当選は難しいと思います。

また、SBI証券主幹事の「ジェイフロンティア」の上場もありますので、当選を期待したいところです。

ジェイフロンティアは、値嵩(がさ)株で200株当選以上の期待ができますので、ポイントを使うか悩みどころだと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました