悩みに悩んだAIメカテックのBBスタンスの最終結論

スポンサーリンク

AIメカテックのBBスタンス

ここ数日で何度も書いている記事があります。

それは「AIメカテック」の「BBスタンス」についてです。

記事①:AIメカテックの評価がよろしくないようで。

記事②:AIメカテックのBBスタンスをメチャクチャ悩んでいる。

そして結論から先にいうと、肝心のAIメカテックのBBスタンスについては…

最終的に「BB不参加」としました。

BB不参加の理由①

今回はBB不参加としたのですが、その理由の一番は「迷い」です。

ネットで情報を仕入れれば仕入れるほど、BBスタンスに迷いが生じたからです。

そして、そこまで迷ってしまうIPOなら、無理してBBに参加する必要はないとの結論です。

当初は、BBに参加する気満々でした。

理由は何度も書いているように、AIメカテックは7月最後の上場で、次のIPOまで約1ヶ月近く期間が開くからです。

スケジュール的に、超が付くほど恵まれていると思いますので…

そのメリットを最大限に生かせれば、公募割れも手数料負けもないと思っていたからです。

BB不参加の理由②

しかし、ネットで情報を仕入れると、多くの人はBB不参加で…

理由は、全売出株の「出口案件」(イグジット)案件であること。IPOでは人気薄の「東証二部上場」であること。

業績も決して良いとはいえず、業態も有機ELとか液晶パネルとかの「地味系」です。

さらに、業態から「JDI」(ジャパンディスプレイ)を連想させるような内容で、正直良いとはいえません。

スケジュールで恵まれているとはいえ、それを大きく考慮したとしても…

これだけのデメリットがあると、初値は厳しいと考えている人が多いのだと思います。

最後に

実際に現時点での大手予想も良いとはいえず。

この状態で無理してBBに参加する必要もないと考え、今回はBB不参加としました。

ただし何度も繰り返しますが、スケジュールでかなり恵まれていますので、予想より初値が跳ねる可能性があると思います。

また、今後上場するIPOの結果次第では、ここのところ悪いといわれているIPOが見直されることとなり…

最終的にスケジュールで恵まれている、AIメカテックの初値が跳ねることになるかも。

それでもデメリットが多くありますので、結局のところ「地合い次第」といった感じになると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました