AIメカテックのBBスタンスをメチャクチャ悩んでいる。

スポンサーリンク

AIメカテックについて

前回の記事で「AIメカテック」につい書きました。

前回の記事:AIメカテックの評価がよろしくないようで。

ネットでAIメカテックの情報を拾うと、確かに評判が良いとはいえないと思います。むしろ悪いと思います。

しかし、前評判が悪い割には、仮条件は大きく下振れしませんでした。

その理由は、周りというかネット民からの評価が悪くても、一定数が何かの理由で、そこそこ高い評価をしていたので…

仮条件が大きく下振れすることはなかった。そのように思うわけです。

恵まれたスケジュール

またAIメカテックは、7月上場の最後のIPOで、単独上場になり…

さらに8月のIPOは、まだ新規承認が発表されてないことから、スケジュール的に超が付くほど恵まれています。

次の上場は、早くても8月末、遅ければ9月上旬になると思われます。

※ 記事を公開した後に「フューチャーリンクネットワーク」(8/20上場予定)が新規承認されたのに気付きました。

そうなると、1ヶ月以上IPOが開くわけで、上場直後のセカンダリーを狙うなら、当面はAIメカテックしかないわけです。

それを考えると、AIメカテックに資金が集中する(集まる)可能があると思います。

そうなれば黙っていても、おのずと初値は上がると思います。

IPOは需要が全て

しかし、IPOは需要が超大切で、いくらスケジュールに恵まれていたとしても…

需要がなく買う人がいなければ、初値も上がることはありません。当然の話しですが。

IPOは需要が全てといっても過言ではなく、例えばIPOで人気のIT系などは…

上場内容が多少悪いぐらいでは、そうそう公募割れすることはありません。

何がいいたいのかというと、AIメカテックのスケジュールが、超恵まれていたとしても…

前評判がよろしくないというか、BB不参加が多いとなれば、それと平行して需要も厳しいということです。

中途半端なIPOは毎回悩む

正直需要など上場してみないことにはわかりません。誰にも読めません。

需要が簡単に読めるなら何も苦労しません。そして私が需要を読めたなら、今頃大金持ちになっていたと思います。

その難しいことを予想しようというのだから、悩むのは当然だと思います。

これが誰が見ても初値が上がるとわかるIPOなら苦労などしません。

AIメカテックのように、初値が上にも下にもなる可能性があるIPOは、いつも悩むことになります。

最終的な結論は、そこまで深く悩むぐらいなら、BB不参加という選択が正しいんだろうな。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました