IPO新規承認「自律制御システム研究所」IPOらしい案件ですね!

スポンサーリンク

IPO新規承認「自律制御システム研究所」

このほど「自律制御システム研究所」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「商業用ドローンの製造販売及び自律制御技術を用いた無人化・IoT化に係るソリューションサービスの提供」となっています。

自律制御システム研究所は、物流・空撮・測量・点検等、産業用として活躍するドローンの開発などを行っている企業になります。

また、国内で開発された独自の自立制御テクノロジーを用いた、日本発のドローンを提供しています。

自律制御システム研究所の上場スケジュールなど

主幹事  みずほ証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  機械
想定価格 3,380円
当選枚数 29,712枚
BB期間 12/5~12/11
当選発表 12/12
申込期間 12/13~12/18
上場日  12/21

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

自律制御システム研究所の総評①

自律制御システム研究所の業種については「機械」(商業用ドローンの製造販売など)になりますので、業種の人気としては「普通」かと思います。

当選枚数は「29,712枚」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありで、上場直後に行使できる枚数は多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

会社の売上や利益については、創業当時から赤字経営になっていますので、業績について不安があると思います。

自律制御システム研究所の総評②

自律制御システム研究所については、商業用ドローンの製造販売などということで、業態の人気としては「普通」かと思います。

ただし、ドローンといえば最近注目され、AIなど用いた無人化飛行などはテーマ性として良いと思いますので、人気としては一段上がると思います。

また、当選枚数が多く需要的に良いとはいえず、業績も赤字経営になっていますので、その点は不利になると思います。

総評としては、IPOらしい業態で注目度は高いと思いますが、それ以外は不利な点が多く、上値は限定されると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!