IPO初値予想「アクセスグループ・ホールディングス」上場スケジュール良し!

スポンサーリンク

IPO初値予想「アクセスグループ・ホールディングス」

上場日:2018/11/6

市場:JQS

業種:サービス業

公開株数:460,000

公開価格:1,340円

主幹事:大和証券

事業内容:販促ツール制作および発送関連を中心とした広告プロモーション事業、新卒・若年者および外国人留学生向け採用広報事業、大学・専門・中高の学生・生徒募集および外国人留学生向け学校広報事業

アクセスグループ・ホールディングスの考察①

アクセスグループ・ホールディングスの業種は「サービス業」(広告プロモーション事業など)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

公開枚数は「460,000株」で、少ない方だと思いますので、その点での需要は良いと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOなしになりますので、その点での需要も良いと思います。

会社の売上や利益については、売上は年々伸びていますが、利益の伸びは少ないので、業績について不安があるとと思います。

アクセスグループ・ホールディングスの考察②

アクセスグループ・ホールディングスの業態は、広告プロモーション事業などになりますので、業態の人気としては「低い」と思います。

ただし、当選枚数は少ない方で、ロックアップも180日と長く掛かっていますので、需要的に良いと思います。

また、前回の上場から1週間期間が開き、後は3週間期間が開きますので、上場するスケジュールとしては、かなり良いと思います。

考察としては、業態的に弱い面はあると思いますが、それ以外で特にデメリットはなく、初値は公開価格に2倍は、軽く超えると予想します。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:3,350円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!