IPO新規承認「ABホテル」大和証券主幹事で当選の期待大!

スポンサーリンク

IPO新規承認「ABホテル」

このほど「ABホテル」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「ホテル事業」になっています。

ABホテルについては、一般的な比較的低料金のホテルということで、ホテルとして特に目新しさはないと思いますので、業種的な人気は低くなると思います。

ただし、吸収規模が小さいことで公募割れするリスクは少なく、大和証券が主幹事ですので当選も期待できると思います。

ABホテルの上場スケジュールなど

主幹事  大和証券
上場予定 JQS
想定価格 1,400円
当選枚数 8,280枚
BB期間 12/8~12/14
当選発表 12/15
申込期間 12/18~12/21
上場日  12/25

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

ABホテルの総評①

ABホテルの業種については「サービス業」(ホテル業)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

当選枚数は「8,280枚」と普通ですので、その点での需要面も普通かと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありですが枚数は少ないので、その点での需要面は良いと思います。

会社の売上や利益などについては、年々伸びていますので特に問題ないように思います。

ABホテルの総評②

ABホテルの総評としては、業態的に人気は低く、ホテルとして目新しさもありません。

ただし、当選枚数やロックアップなどの需要面を見ると、悪くないと思います。

また、ホテルを建て続けている限り、売上や利益も基本的に伸びると思いますので、業績についても当面は問題なさそうです。

そして、まだわかりませんが、ABホテルの上場が今年最後のIPOになれば、さらに上がる要素を含むと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!