IPO初値予想「ZUU」フィンテック・プラットフォーム事業!

スポンサーリンク

IPO初値予想「ZUU」

上場日:2018/6/21

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:287,500

公開価格:1,600円

主幹事:野村証券

事業内容:資産運用を支援するプラットフォーム「ZUU online」を中心とした金融商品やフィンテックサービスとユーザーのマッチングを行うフィンテック・プラットフォーム事業

ZUUの考察①

ZUUの業種は「情報・通信業」(IT系)になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は「287,500株」と少ない「プラチナチケット」になりますので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には「1.5倍or90日or180日」のロックアップ、VCありSOありで、上場直後に行使できるVC及びSOの枚数は、気になる程度ですので、その点での需要面は普通かと思います。

会社の売上や利益については、売上は年々伸びていますが、利益は安定しない感がありますので、業績に少し不安があると思います。

ZUUの考察②

ZUUの考察としては、IPOでは人気のIT系でになりますので、業態の人気としては高いと思います。

ちなみに、上記の「フィンテックサービス」とは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の2つを併せた造語で・・・

PCやフマホなどのテクノロジーを利用した金融サービスのことをいいます。

また、当選枚数が少ないプラチナチケットで、需要面も良いと思いますが、明日のログリーを含めて、実質「4社同時上場」になりますので、資金の分散が気になります。

総合的に見ると、人気のIT系で需要面が良いので、高い初値になると予想しています。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:4,000円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク