ZMPが年内上場を目指し体制を整えているとのニュース

スポンサーリンク

ZMPが年内上場か!?

昨年11月に顧客情報流出が発覚し、翌月上場申請を取り下げた自動運転技術開発ベンャー、ZMP(東京・文京)の谷口恒社長がロイターのインタビューに応じた。

問題となった情報セキュリティーの再発防止体制が整い次第、年内にも上場を再申請する意向。

ZMPが、年内の上場を目指し、体制を整えているとのニュースが数日前に流れました。

ZMPには苦い思い出しかない!?

私は、ZMPについては、去年の上場取消の件で苦い思い出しかないので、またかよ!というか本当かな?というのが、正直なところです。

その苦い思い出とは、ZMPのBB参加のために資金集めに奔走したり、SBIのポイントを使うかどうかで散々悩まされた挙句、突発の上場中止でしたので、多くの時間と機会損失を受けたということです。

ただし、IPOには上場中止も当然あることですので、ZMPに限らずこればかりは仕方ないと思っています。

DeNAと業務提携を解消

そして、ZMPは、今年初めにDeNAと業務提携を解消したことで、さらにZMPのイメージは悪くなったと思います。

そして、このDeNAと業務提携を解消した件も、もしかしたら突然上場を中止にした理由の1つなのかもしれません。(あくまでも私の想像ですが・・・)

それは、業務提携を解消するとなれば、株の比率とか持ち分とか会社の経営的な問題とか、様々な問題が絡んで来ますので、その辺が整わないと、上場後に何かと苦労することになると思うからです。

最後に

とにかく、IPO投資家にとってZMPの上場は、待ちに待たされているという状況になっていると思います。

それは、今回の上場中止のことだけでなく、数年前から上場するとの噂が流れては立ち消えとなっていますので、1日でも早い上場を望んでいると思います。

そして、次に上場するとのニュースが流れたときには、万全の体制挑んで欲しいし、前回の上場中止のようなことにならないようにと願うばかりです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク