ZMPが上場中止でSBIのポイントを他に使うのは誤算!?

スポンサーリンク

ZMPの突然の上場中止

昨日は、ZMPが突然の上場中止になり、突発で記事を書いたのですが・・・

URL:ZMPが上場中止!機会損失を補てんして欲しいんだけど!!

そして昨日は、ZMPが上場中止になり「フザケンな!」という気持ちで一杯で、いろいろと書いてしまったのですが・・・

しかし、IPOについては、今回のZMPみたいなレアケースも含めてのIPOだと思いますので、いまさら上場中止になったZMPのことを考えても仕方ないと思いますので、次のIPOに期待したいと思っています。

ZMPのポイントは他のIPOに使われる?

そして、ZMPが上場中止になって1つ思ったのは、SBIでZMPにポイントを入れていた人が次に取る行動は?ということ。

そのポイントを他のIPOに使うか?温存するか?それで悩んで、結局は、他IPOにポイントを使う人が多いのでは?ということ。そして、そのポイントの行先は・・・

セグエグループ、イノベーション、グレイステクノロジー、ティビィシィ・スキヤツト、この4つで、軒並みどのIPOも、ZMPが上場中止になる前よりも当選ポイントのボーダーラインは上がると思います。

特に、日程的に近い、セグエグループ、グレイステクノロジー、この2つについては、大幅にボーダーラインは上がったのではないでしょうか?

果報は寝て待て?

そこで思うのは、急いでポイントを使ってしまっても、本当に良いのか?ということ。

それは、例えば、セグエグループをポイントを使って当選するのは、あくまでも私の予想ですが、200ポイント以上は必要になると思っています。

しかし、セグエグループが上場するときは「同時3社上場」、さらにライバルに「イノベーション」の存在がありますので、そうなると、セグエグループに200ポイント以上入れてまで、当選する価値はあるのか?と考えるのですが・・・

最後に

なら、ポイントを温存して、3か月後か6か月後かわかりませんが、SBIが主幹事で、200株以上当選可能な人気どころのIT系などに、ポイントを入れて当選を取った方が、セグエグループよりも利益になる可能性が高いと思います。

ですので、ZMPに限らず、何かの不慮があっても、急いで他のところにポイントを入れるのは「誤算」なんじゃないかなと思っています。

IPOなんてのは、来年も再来年もずっと続くことですので、無理して急いでポイントを使うぐらいならいっそのこと使わずに、次のIPOに向け温存するというのも1つの方法だと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク