IPO投資で次に狙う銘柄は?それは「ZMP」かな??

スポンサーリンク

IPO投資で次に狙う銘柄とは?

IPO投資で次に狙う銘柄とは、それは世界が注目する自動運転関連の技術を持つベンチャー企業の「ZMP」だと思います。

そのZMPについては、ブログ村のIPO関係のブログで、何度も話題に上がっている企業だと思います。

ZMPは、以前からマザーズへの上場が報じられており、実現となれば人気が殺到するのは必至だと思います。

ZMPとは?

ZMPとは、2001年に設立された、カー・ロボティクス・プラットフォームや各種センサ・システム、画像認識、技術コンサルティングや実車実験支援、コネクテッド・カー向けインフォマティクスなど自動運転技術の開発と提供を行っています。

また、安全運転、エコ運転、あるいはインフォテインメントなどで、各顧客に合わせたサービスやアプリケーションを提供しています。

ZMPの人気は必至?

そのZMPは、ソニーやコマツ、米インテルなどの大企業がこぞって出資をしている企業となっています。

また、すでに上場している関連銘柄として「JVCケンウッド」や「アイサンテクノロジー」なども注目がされています。

・JVCケンウッド

日本ビクターとケンウッドが経営統合した企業で、自動運転技術で注目のベンチャー企業ZMPに出資をしています。

・アイサンテクノロジー

測量システムの開発販売をしている企業で、ZMPと自動運転の公道実験に参加しています。

サイバーダイン

そこで比較企業として、ロボットスーツで注目を集める「サイバーダイン」などが上げられていますが、そのサイバーダインについては、公募価格「37万円」に対して、初値は「85万円」の高値を付けました。

私はサイバーダインに当選せずで落選してしましたので、ダイバーダインのIPOは購入できませんでしたが、当選していたら是非とも購入したかった企業の1つです。

最後に

そのZMPについては、2015年度中に上場(IPO)されるとの噂でしたが、去年は上場しませんでしたので、今年中の上場に注目が集まっていると思います。

ZMPのような企業は、まさに「ベンチャー企業の優」とも言うべく地位の企業だと思いますので、仮にIPOで新規承認された際には、是非とも当選が欲しいところだと思います。

スポンサーリンク