IPO新規承認「ホープ」そのIPOに「希望」はあるのか?

スポンサーリンク

IPO新規承認「ホープ」

ホープ」(HOPE)がIPOで新規承認されました。

事業内容は「自治体向け財源確保支援サービス」となっています。

自治体向けサービスといわれて思い出すのは、最近のIPOだと「LITALICO」(りたりこ)ですかね?

そのLOTALICOとは、業種は全く違いますが、国からの仕事で企業が成り立っているという意味では、似たような企業になるかと思います。

ちなみに、そのLITALICOの初値は「+88%」になり、それなりに上昇しました。

ホープのIPOスケジュールなど

主幹事  みずほ
市場   マザーズ
想定価格 1,400円
当選枚数 3,087枚
BB期間 5/30~6/3
当選発表 6/6
申込期間 6/7~6/10
上場日  6/15

ホープの総評

事業内容として、自治体の資源(ホームページなど)の空きスペースに広告枠を設けて財源を確保するサービスや営業支援活動などとなっていますので、手法として自治体に特化している点はおもしろいと思います。

ただし、自治体の数には限りがありますので、ある程度の業績が伸びたあとには、頭打ちになる可能性もあり?

そこで、将来の見通しは疑問が残と思いますので、今後の事業展開に注目といったところになるかと思います。

ただし、当選枚数的にはプレミアム感があり、さらに主要株主にはしっかりとロックアップが掛かっていますので、需要面では良いと思います。

ですので、初値割れはなく、目先の初値の目標は、ロックアップが解除される1.5倍になるのかなと思っています。

スポンサーリンク