優柔不断な人は基本的に株などの投資には向かないよね?

スポンサーリンク

株式投資の世界は頑固者がうまくいく!?

最近、相互リンクして頂いたサラリーマン投資家の弐億貯男さんのブログ

URL:サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

そのブログを度々拝見させて頂いているのですが、そのブログの中で「株式投資の世界は頑固者がうまくいく」という記事を拝見させて頂きました。

URL:株式投資の世界は頑固者がうまくいく

そして、その記事を「その通りだな」と思いながら読ませて頂きました。

投資には「信念」が必要!?

今だからいえることですが、投資の世界では、自分に確固たる信念みたいなものがあった方が利益が出るように思います。

そして、自分の信念に基づいて信じた株や投信などを買ったら、その後は、基本的に放っておくというのが、楽な投資方法だと思っています。

とにかくダメだと思うのは、周りの情報に惑わされてしまい、自分の信念がないままに、株などの売買を繰り返すパターンだと思っています。

それは、過去に信念がなく株などを何度も売買した結果、無駄に労力を使っただけで、全くといっていいほど利益を出せなかった、当時の私の投資スタイルがあったからです。

懐かしい「インターキュー」

そんな私が最初に株を買ったのは、野村証券で買った「ミニ株」が最初の株(投資)になります。当時は、お金がなかったので、1/10から買えるミニ株で売買をしていました。

ちなみに、最初に買った株は、今はなき「インターキュー」という会社で、今では「GMOインターネット」と社名を変えて存在しています。

そして、当時のインターキューの株価が、確か「500円前後」だったと思いますので、ずっと当時から持ち続けていれば、配当などを加味すると「4倍程度」にはなっていました。

もしここで、自分の信念に基づいて「インターキュー」を今でも持ち続けていたら、そして、その後もお金の余裕を見て買い増しをしていたら、相当な資産が増えていたと思います。

最後に

私は今まで、いろいろな投資に手を出しました。それは、最初のミニ株から始まり、現物、中国、日経225先物、FXなど、どれも信念がなく、取り合えずと思い手を出した結果が、トータルすると使った労力は大きいですが、ほぼ利益は取れていません。

ということは、通常の株の売買で利益を得るという投資方法は、私には向いてないということだと思っています。そして、まともに利益を取れたのが「IPO」ということで、今ではほぼIPOに絞って投資をしています。

そこで思うのは、自分に合った投資スタイルというのが投資には大切で、その投資スタイルに基づいて、その投資スタイルを変えることなく投資をするということが、投資には必要だし切なことだと私は思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク