IPO初値予想「ユーザーローカル」大台100万超え来るか!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「ユーザーローカル

上場日:2017/3/30

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:465,700

公開価格:2,940円

主幹事:大和

事業内容:ビッグデータの解析・人工知能による情報提供サービス

ユーザーローカルの考察①

ユーザーローカルについては「IT系」ということで、業種の人気としては「強い」と思います。また、当選枚数は少な目となりますので、その点での需要面は良いと思います。

主要大株主には、180日のロックアップ、SOありですが、枚数的に少ないですので問題ないレベルだと思います。

また、会社の売上については、年々伸びていますので、特に問題ないレベルだと思います。

ユーザーローカルの考察②

ユーザーローカルの考察としては、IPOでは人気のIT系、さらにビックデータ&人工知能となれば、これぞ正にIPOという銘柄で、人気化するのは必至だと思います。

さらに、主要大株主には180日のロックアップ、会社の売上が順調に伸びている点などもメリットになると思います。

デメリットを上げるとするなら、上場日は2社同時上場、前後にIPOの上場がある、公開株数は少ないですが、プラチナというまでは少なくない点だと思います。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:8,820円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク