IPO新規承認「ユー・エム・シー・エレクトロニクス」評価は厳しそう?

スポンサーリンク

PPW_memori_TP_V

IPO新規承認「ユー・エム・シー・エレクトロニクス」

中本パックスに続いて東証銘柄のIPOの新規承認です。

その名は「ユー・エム・シー・エレクトロニクス

事業内容は「電子機器の受託製造・開発を行うEMS事業」となっています。

東証上場予定の大型案件で、しかも、電子機器の世界的な需要の低迷を考えると、少し厳しい上場になるのかなと思っています。

ユー・エム・シー・エレクトロニクスのIPOスケジュールなど

主幹事  みずほ
市場   東証
想定価格 3,400円
当選枚数 23,724枚
BB期間 2/26~3/3
当選発表 3/4
上場日  3/15

ユー・エム・シー・エレクトロニクスの総評

IPOでは不人気の「東証銘柄」、さらに上記にも書きましたが、電子機器の世界的な需要が低迷している中での上場ですので、今回の上場は少し厳しいのかなと思っています。

IPOとして少し厳しい上に、市場の状況も現状では悪いですので、BB(ブックビルディング)の参加を控える方も多いのではないでしょうか?

そこで、私と言えば、ユー・エム・シー・エレクトロニクスについては、今のところSBIのポイント取りに動くだけで、BBについては「不参加」の予定となっています。

スポンサーリンク