IPO初値予想「トレードワークス」初値高騰は間違いなし!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「トレードワークス」

上場日:2017/11/29

市場:JQS

業種:情報・通信業

公開株数:241,500

公開価格:2,200円

主幹事:岡三証券

事業内容:証券システム開発事業とこれらに付帯するFX(外国為替証拠金取引)システム事業およびセキュリティー診断事業

トレードワークスの考察①

トレードワークスの業種については「情報・通信業」(IT系)ということで、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は、少ない「プラチナチケット」ですので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には「90日or180日or1.5倍」のロックアップ、VCなしで上場直後に行使できるSOもなしですので、その点での需要面も良いと思います。

会社の売上や利益については、年々伸びていますので特に問題ないように思います。

トレードワークスの考察②

トレードワークスの考察としては、業種の人気としては高く、当選枚数の少ないプラチナチケットになりますので、需要面も良いと思います。

また、ロックアップの掛かりや、VCなしで上場直後に行使できるSOもなしですので、さらに需要面は良いと思います。

ですので、総じて大きなデメリットはなく、高い初値が期待できると思います。

あえてデメリットをあげれば、先に上場した「幸和製作所」と「ポエック」の初値が付いていませんので、実質3社同意上場で資金の分散が懸念されることぐらい?

初値予想

評価:S(9)
初値予想:5,500円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク