いちよし主幹事のIPOの過去の初値を調べると意外な結果が!

スポンサーリンク

トランザスの主幹事のいちよし証券

次の上場予定のIPO「トランザス」の主幹事「いちよし証券」について・・・

過去に、いちよし証券が主幹事のときの初値はどうだったのかと思い、そこで、直近過去5年間のいちよし証券主幹事の初値の状況を調べてみました。

そして、実際に調べて見ると、私が初めて知る意外な結果がわかりました。以下、IPOの参考になればと思います。

いちよし主幹事の過去(直近5年間)の初値状況

■2016年
・グローバルグループ・・公募「2,000円」初値「3,200円」(+1,200円

■2015年
アクアライン・・・・・公募「1,250円」初値「1,521円」(+271円
・パルマ・・・・・・・・公募「1,350円」初値「2,302円」(+952円

■2014年
・ムゲンエステート・・・公募「1,200円」初値「1,320円」(+120円

■2013年
・ヒューマン・・・・・・公募「1,400円」初値「3,100円」(+1,700円
※ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ

・メディアドゥ・・・・・公募「3,300円」初値「11,770円」(+8,470円

■2012年
・なし

過去5年間で一度も公募割れがない!

上記を見て特に注目だと思うのは、過去5年間(直近)で、一度も「公募割れがない!」ということだと思います。

そこで、いちよし主幹事のIPOは、過去の結果を見ると「公募割れする可能性は低い」と予想することができると思います。

そして、今回上場予定のいちよし証券主幹事の「トランザス」についても、あくまでも私の予想ですが、公募割れはないと思っています。

最後に

ただし、トランザスの主幹事がいちよし証券ではなくても、公募割れはないと予想します。

それは、トランザスはIPOでは人気のIT系で、上場するタイミンがなどが良いですので、どこが主幹事だったとしても、公募割れはないと考えるのが妥当だと思うからです。

なんにせよ、トランザスの当選枚数はそれほど多くはなく、当選したとの報告も少なかったので、それなりに高い初値になると予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク