年明けシャノンに向け東洋証券のIPOルールのおさらい

スポンサーリンク

ネット抽選の配分は10%です。

東洋証券といえば「中国株」に強い証券会社として有名で、私が中国株をしていたときは、その東洋証券を使っていました。そんな話はさて置き・・・

そして、本題の東洋証券のIPOルールは、まず配分ですが、ネットでの配分は「10%」となっています。それは、東洋証券の持ち分が1,000枚あれば、ネット抽選で配られるのは、10%の「100枚」ということです。

そして、残りの9割のIPOについては「裁量」で、手数料や投信などを買ってくれた人などに配るということです。

ネット申し込みは主幹事のみ?

そして、ネット=ホームトレードから申し込みができるのは、基本的に「主幹事」のときのみです。ただし、例外もり、東洋証券が平幹事でも持ち分が多いときには、ネットから申し込めるときもあります。

その例としては、日本郵政のときやJR九州(九州旅客鉄道株式会社)などの大型IPOのときには、その例外が適用され、ネットから申し込むことができました。

そして、今後もその傾向は変わらないと思いますので、IPOをするなら口座を開いておいて損はないと思います。

   ↓ 口座開設は、下記のバナーをクリック! ↓

前受金が必要です。

そして、東洋証券でIPOのBB(ブックビルディング)に参加するには「前受金」が必要となります。

前受金とは、例えば20万のIPOに申し込み込もうと思うとら、事前に20万以上の入金(残高)がなければ、BBの抽選に申し込むことはできないということです。

これは、野村など前受金不要な証券会社も一部ありますが、他社でも同様となっていますので、前受金が必要だというのは、他社と変わらないということです。

また入金するときは「東洋カード」があれば「無料」で入出金できますので、口座開設のときに、東洋カードを作っておくと便利だと思います。

 その他

・抽 選 完全平等抽選
・辞 退 ペナルティなし
・口 座 開設無料、維持費無料
・手数料 スタンダード 864円~

最後に

東洋証券については、平幹事になったとしても、ほとんど申し込めないというのが現状です。それは、東洋証券の場合には、ネットからの申し込みの場合、基本的に「主幹事」の場合しか申し込みができないからです。

ただし、上記に書い通り「日本郵政」や「JR九州」などの「大型IPO」のときには、ネットから申し込める場合もありますので、IPOをやるなら口座を開設しておいても損はないと思います。

   ↓ 口座開設は、下記のバナーをクリック! ↓

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク