IPO(新規公開株)落選するのが当然!?

スポンサーリンク

IPO(新規公開株)落選するのが当然!?

IPO(新規公開株)関連のブログを読むと「〇〇のIPOに当選しました!」などの「当選報告」の記事をよく読むと思います。

そんなブログを読んでいると「もしかしたら自分も当選するかも?」と、そんな錯覚に陥りまが、実際に当選することはほとんどありません。

それは、100のブログがあれば、確率的に1つや2つの当選報告があってもおかしくないからで、その当選報告を見たところで、それは「運が良かっただけ」の話しで、その運が自分がに回って来ることは少ないと言うことです。

さらに、大型IPOともなれば、当選報告が多数ブログに書かれることになりますので、そう言ったことでもIPO初心者の人は、簡単に当選するものだと思いがちだと思います。

IPOの当選確率

当選枚数の少ない優良と言われるIPOに当選する確率は、主幹事から100回申し込んで、1回か多くて2回当選すれば良い方なのではないでしょうか?

それは、巷では、優良IPOに当選する確率は「1%前後かそれ以下」と言われているからです。IPOに当選するには、それぐらい難しいと言うことです。

そして、ブログの当選報告を見ると、さも自分が簡単に当選できるとの錯覚に陥りますが、当選確率は1%前後かそれ以下ということを肝に命じておかなければいけないと思います。

IPOを止めてしまう人が後を絶たない!?

そして、IPOが当選確率が低いと知らない人は、結果「どうせIPOに申し込んでも落選なんだろ?」みたいな感じになってしまう人も多くいるのがIPOです。

そうなってしまうとIPOから疎遠になってしまい、最終的にIPO自体を止めてしまう人も多くいます。一生懸命IPOに申し込んだとしても落選するのが当然なのにです。

そこで「IPOは落選するのが当然!」と事前にわかっていれば、落選してもそれほどダメージはないと思いますので、IPOを止めずに続けられると思います。

最後に

とにかく、ブログのことだけでなく、いろいろな情報に迷わされることなく、IPOは「落選するのが当然」と思うことが第一だと思います。

その上で、落選してもめげずにコツコツとIPOに申し込んだ人だけが、当選することができるのがIPOだと思います。

そして、IPOはどんなに落選しても「諦めないこと」が大切で、続けていればいつか報われる。それがIPOだと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク