東海東京証券のIPOルールについて

スポンサーリンク

東海東京証券のIPOルールについて

東海東京証券は、東京証券と東海証券及び丸万証券などが合併した証券会社になります。

また、銀行などの系列に属さない「独立系証券会社」で、証券会社の規模としては「準大手」の中堅証券会社になると思います。

IPOについては、主幹事になることは少ないですが、平幹事になることは多く、IPOでは外せない証券会社になると思います。

IPO(BB)抽選のルールなどについて

■BB抽選の方法など

・1口座1抽選の完全抽選(ステージ制あり)

・ネットからBB申し込み可能

・BB抽選時に買付余力が必要(BB申込時には不要)

■配分

・配分は全株の約10%(残りは、裁量やステージ制の抽選へ)

■資金拘束

・資金不要で複数銘柄への申込可能(BB抽選時に買付余力が必要)

・BB落選後「翌営業日」(翌日)から出金可能

■ペナルティー

・当選または補欠当選をキャンセルした場合のペナルティーはありません。

■メリットや注意点など

・ステージ制があるため預かり資産や取引額の多い人に有利

・平成30年8月から「口座管理費」が必要(無料になる条件あり)

※ 内容が変更されるなどで、上記と異なる場合があります。

URL:他の証券会社のIPOルールについて

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク